For foreigners

町内環境中の粉塵調査

建屋解体中の粉塵調査

『町内環境中の粉塵調査』へ戻る
富岡町では建屋解体中に発生するダスト(粉塵)を採取し、解体中の建屋からどの程度の放射性物質が再浮遊するか調査を実施しました。
測定方法について
NowLoading

富岡町役場敷地内の粉塵を参考測定
採取期間:2019.8~2021.4 セシウム137:<0.034-0.15 吸入による内部被ばく線量の推移値:<0.00000052-0.0000024
※推移条件、粉塵の大きさ1μmまたは5μm、労働者(男性)の屋外呼吸率:13.5?/日、実効線量係数4.8×10の-5乗mSv/Bq(1μm)・6.7×10の-5乗mSv/Bq(5μm)

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページの情報は役に立ったと言っています。