[よくある質問]自然放射線と人工放射線の影響の違いは?外部被ばくと内部被ばくでは?

健康管理放射線基礎知識放射線被ばく

2018年02月13日

自然放射線と人工放射線では体に与える影響は違うのですか? また、外部被ばくと内部被ばくでは体に与える影響は違うのですか?

 自然界に存在しており、私たちが普段の生活の中で自然にあびている「自然放射線」と事故により放出された放射性セシウムや病院でのX線撮影やCTスキャン等であびる「人工放射線」も放射線としては同じものです。そのため、アルファ線、ベータ線、ガンマ線が同じで、さらに同じエネルギー、同じ量の放射線が人体の同じ部位に当たった場合、人工放射線も自然放射線も影響に違いはありません。すなわち、自然放射線は体に良く、人工放射線は体に悪いということはありません。
また、同じ線量を被ばくした場合の影響は、外部被ばくと内部被ばくでも違いはありません。

人工放射線と自然放射線による被ばく

外部被ばくと内部被ばく

参考資料:
放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 上巻
放射線の基礎知識と健康影響 平成27年度版
環境省 放射線健康管理担当参事官室
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所

町からのお知らせ

将来の空間線量率 かんたん計算

なるほど!放射線・放射能コラム

New コラム一覧
花と緑のあふれる町 富岡町