For foreigners

食品以外の放射性物質検査

水道水中における放射性物質のモニタリング検査

『食品以外の放射性物質検査』へ戻る

  1. 測定機関:双葉地方水道企業団
  2. 分析装置:ゲルマニウム半導体検出器
  3. 検査頻度:毎日
  4. 測定方法:緊急時におけるガンマ線スペクトル解析法 放射能測定マニュアル(文部科学省)
  5. 検査結果:以下のとおり
採水
場所
水源 ヨウ素
131
セシウム
134
セシウム
137
小山
浄水場
木戸川
(ダム放流水)
不検出 不検出 不検出
関根
浄水場
富岡川
(伏流水)
不検出 不検出 不検出

※「不検出」とは一定の条件で測定機器が検出できる最小値(1.0Bq/kg)未満であることを示しています。

最新の検査結果は、下記のとおりです

放射性物質のモニタリング結果について
双葉地方水道企業団ホームページ掲載情報・毎日更新)

これまでの検査結果は、下記のとおりです

放射性物質のモニタリング結果について(双葉地方水道企業団ホームページ掲載情報)

水道水・工業用水中における放射性物質の
モニタリング結果

蛇口における水道水中の放射性物質の
モニタリング結果

水道水の放射性物質検査の申込について

水道水の放射性物質検査(蛇口採取)の申込のご案内

《参考》 検査日現在の目標値

ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
食品衛生法の規定に基づく
新たな基準による目標値
10 Bq/kg

※これまで暫定規制値が設定されていた放射性ヨウ素については、半減期が短く、国に平成23年7月15日以降の検出報告がないことから、規制の対象から除外されました。

【問合せ先】 双葉地方水道企業団 TEL 0240-25-5315(代表) https://f-mizu.jp

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4人中4人がこのページの情報は役に立ったと言っています。