For foreigners

町の空間線量調査

測定方法について[車載測定]

『町内 放射線量マップ』へ戻る

測定機器

Mobile G-DAQ(携帯型環境放射線測定器)
携帯線量測定システム
『Mobile G-DAQ』

主な仕様

検出方法シンチレーション式
大面積シリコンフォトダイオード検出
検出器固体シンチレータ(CsI(Tl)) □12.7×20.0(L)mm
測定放射線γ線
感度0.001μSv/hに対して毎分10カウント以上
エネルギー範囲150keV~3000keV
線量率範囲0~50μSv/h
サンプリング60秒の積算値(移動平均)
備考GPSを搭載

測定車両

測定値について

車内・車外測定値の比較要データ測定の様子

  • 測定器により得られた10秒毎のデータ(線量率と位置情報)を、車外の地上1mの空間線量率に補正し、マップに表記しています。
  • 車内測定値と車外測定値を比較し、補正係数を1.2としました。
  • 測定値が表示されていない道路(区間)は、除染作業及びインフラ復旧工事のため、測定期間中に通行ができなかった道路(区間)です。

平成28年3月までの測定車両及び測定値についてはこちらから
令和3年3月までの測定車両及び測定値についてはこちらから

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページの情報は役に立ったと言っています。