年間の追加被ばく線量について、1mSvや20mSvとはどのような意味ですか?

 追加被ばく線量とは、福島第一原子力発電所事故により放出された放射性物質による被ばく線量を意味します。自然界には放射線が元々存在し、私たちは、事故とは関係なく大地や宇宙からの放射線により被ばくしていますので、その線量と区別するために「(事故による)追加被ばく線量」と呼びます。

年間20mSvについては、事故発生時の避難と解除に関する線量です。
政府は、福島第一原子力発電所事故において、国際放射線防護委員会(ICRP)の緊急時被ばく状況※1における放射線防護の参考レベル※2を考慮し、年間20mSvに達する恐れのある地域に避難指示を行いました。
その後、年間の被ばく線量が20mSv以下となることが確実であることが確認された地域について、現存被ばく状況※3に移行したと判断し、「避難指示解除準備区域」としました。この区域では、日常生活に必須なインフラや生活関連サービスが概ね復旧し、子どもの生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗した段階で、県、市町村、住民との十分や協議を踏まえ、避難指示を解除することとしています。

年間1mSvは、現存被ばくにおける長期的に目指す参考レベルです。この参考レベルは、長期間の着実かつ継続的な放射線防護によって段階的に被ばく線量を低減させることを目指しています。
なお、これらの参考レベルは、放射線防護措置を効果的に進めていくための目安であり、被ばくの限度を示すものではありません。また、安全と危険の境界を表す目安でもありません。

※1…事故や核テロなどの緊急の対策が必要な状況。
※2…経済的・社会的要因を考慮し、被ばく線量を合理的に達成できる限り低くする「最適化」の原則に基づいて措置を講じるための目安。緊急時被ばく状況においては年間20~100mSv。現存被ばく状況においては長期目標1mSv。
※3…事故後の長期にわたる回復・復旧の時期の被ばく状況等

参考資料:
線量水準に関連した考え方
帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム(第1回会合)
原子力災害対策本部関係省庁説明資料(別紙1)
参考資料:
放射線リスクに関する基礎的情報
内閣府、消費者庁、復興庁、外務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、原子力規制庁

〔参考〕100mSv以下の放射線による健康影響について
●「原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)」、「国際放射線防護委員会(ICRP)」の報告書や勧告等によると、100mSv以下の被ばくでは、あるしきい値を超えて被ばくした際に発生する健康影響(確定的影響)は確認されていません。また、被ばく線量の増加に伴って発症率が増加する健康影響(確率的影響)については、他の要因による発がんの影響に隠れてしまうため、放射線による発がんのリスクの明らかな増加を証明するのは難しいとされています。
●この100mSv以下の被ばくに関する健康影響の評価は、短時間での被ばくによる影響の評価に基づくもので、長期にわたる被ばくの影響は、積算線量が同じ100mSvの被ばくの場合、短時間による被ばくより小さいと推定されています。
●また、子どもや胎児への影響についても、100mSv以下の被ばくでは、年齢層の違いによる発がんリスク等の差は確認されていません。

参考資料
線量水準に関連した考え方
帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム(第1回会合)
原子力災害対策本部関係省庁説明資料(別紙1)
第10回 富岡町内放射線量マップを掲載しました。

この度、富岡町に関する放射線情報のまとめサイトを開設いたしました。

このサイトでは、富岡町が震災以降独自に調査を実施してきた、放射線関連のデータを確認することができます。

また、各関連機関が調査した富岡町の情報についても、リンク集からアクセスすることができます。

多くの方に富岡町の現状を知っていただけるよう、より一層の内容充実に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この度、富岡町に関する放射線情報のまとめサイトを開設いたしました。
ご意見やご質問などございましたら、是非お気軽にお問合せください。

monitoringpost 私たちの日常生活の中に、1ミリシーベルト(mSv)と20ミリシーベルト(mSv)の話が、5年半前から突然入って来ました。6年前までは、シーベルト(Sv)が人の放射線被ばく線量に用いる単位であることを知る人はほとんどいませんでした。
 しかし、残念なことに2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、慣れ親しんだ土地を離れて、遠方に避難することになった要因がシーベルト単位の放射線被ばく線量の数値です。原子力発電所事故に伴う住民避難目安の放射線被ばく線量に関しては、国際的に20mSv~100mSvの範囲で、各国政府が状況に応じて適切に設定することが提唱されています。政府は東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う緊急時被ばく状況において、放射線から身を守るための国際的な基準値(年間20~100ミリシーベルト)を参考にしながら、3つの避難区域を指定し、住民に対し避難指示を行いました。

 1mSvの放射線被ばく線量に関しては、放射線利用に際して行う平時の計画被ばく状況において、放射線・原子力利用を行う操業者は、事業所境界の住民に対して年間1mSvを超えることがないように操業責任を課しています。平時の計画被ばく状況における人の放射線被ばく線量は、放射線業務に従事する人に対しては、年間最大50mSvを超えず、かつ5年間で100mSvを超えない被ばく線量管理を行っております。また、食品の放射線基準や除染を検討する基準にも年間1mSvを基に提示しております。そのため、年間1mSv以下なら安全で、1mSv以上は危険と誤解されている方もいます。

 1mSvと20mSvも安全と危険の境界を示す基準でなく、放射線防護の施策上の数値です。今後、年間20mSv以下が確認され避難が解除された地で居住する方は、日常生活において自らの被ばく線量を把握し、被ばく線量低減手段や放射線教育、健康管理や生活環境地域のモニタリング等について関心を高め、放射性セシウムが残存する生活環境で暮らす放射線防護の知識が大切です。また、現存被ばく状況の開始線量は20mSvですが、長期的には年間1mSv以下を最終目標に対応されます。

 なお、私たち地球上の人々は、自然放射線から年間1mSv~10mSvの被ばく線量を絶えず受けており、平均的には2.4mSvです。
 また、事故や災害によるものではありませんが、宇宙放射線の寄与が高い航空機乗務員は、管理目標値として年間5mSvを提示し、最大4mSv程度、平均2mSvとの報告があります。また、日本人は病院で行う放射線検査等から年間平均4mSv近くの医療被ばく線量を受けております。私たちは絶えず放射線被ばくを受けて生活していることは確かです。

※シーベルト単位は、スウェーデンの放射線物理学者で放射線防護に業績のあったシーベルト氏の名前に由来しています。

kikuchi

解説者紹介

菊地 透
公益財団法人 原子力安全研究協会研究参与
医療放射線防護連絡協議会総務理事

経歴:
1949年に東京で生まれ、放射線防護に係って45年間が過ぎた。この間に東京大学原子力総合センター、自治医科大学医学部RIセンターに勤務。現在は、公益財団法人原子力安全研究協会研究参与、医療放射線防護連絡協議会総務理事を担当。また、福島原発災害に関連して、福島県及び隣県で多数講演し、「いまからできる放射線対策ハンドブック」(2012)を女子栄養大学の香川靖雄先生と出版。

町からのお知らせ

将来の空間線量率 かんたん計算

なるほど!放射線・放射能コラム

コラム一覧
花と緑のあふれる町 富岡町