For foreigners

食品以外の放射性物質検査

公共施設等土壌の放射性セシウム濃度の測定調査

『食品以外の放射性物質検査』へ戻る
公共施設敷地内の土壌について、平成26年度25カ所・平成27年度30ヶ所・平成28年度30ヶ所の測定調査を実施しました。
令和2年度には放射性物質による土壌汚染状況を把握し、ファオローアップ除染などの材料とし、避難指示解除に向けて、線量低減に寄与することを目的として帰還困難区域「特定復興再生拠点区域」10ヶ所の測定調査を実施しました。
測定方法について
NowLoading
セシウム134+137の濃度 凡例(単位はBq/Kg)
1000未満 1000以上
8000未満
8000以上
セシウム134+137の濃度 凡例(単位はBq/Kg)
1000未満 1000以上
8000未満
8000以上
※測定結果一覧に表示されている放射能濃度は、階層別のセシウム134及び137の合計値で、水分補正後の値です。
※セシウム134及び137の検出下限値は、各10Bq/kgを目標とし、10Bq/kgを大幅に超えて検出された場合には20~50Bq/kgとしました。
※帰還困難区域については、ピンク色     で表示しています
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6人中6人がこのページの情報は役に立ったと言っています。