[よくある質問]放射性物質を含んだ食物を食べ続けると摂取した放射性物質は身体に蓄積していきますか?

2017年04月14日

放射性物質を含んだ食物を食べ続けると摂取した放射性物質は身体に蓄積していきますか?

 体内に摂取された放射性物質は、放射性核種に応じて一定の期間は体内に留まりますが、新陳代謝により体外へ排泄されていきます。放射性セシウム(セシウム137)の場合は、物理的半減期は30年ですが、体内中に留まる目安として用いる生物学半減期は、乳幼児で約10~25日、10歳前後で約40~60日、大人で約70~100日程度です。この日数で体内中の放射性セシウムは半減していきます。

一方、毎日、同じ量の放射性物質を含む食品を食べ続けたとき、体内の放射性セシウムの量は、最初はゼロですが、摂取を始めると急激に増えて行きます。そのまま、摂取し続けてもある一定値に達したところで増えなくなります。この状態を平衡といいます※1。なお、摂取を控えるとゼロに向かい減ります。

※1 摂取量と排泄量のバランスが取れている(摂取量1Bq/日に対し排泄量も1Bq/日)状態。
また、平衡量は放射性セシウム(1Bq)の体内での存在期間に等しい。

毎日1Bqの放射性セシウム(セシウム137)を摂取し続けた際の体内の放射性セシウムの変化

毎日1Bqの放射性セシウム(セシウム137)を摂取し続けた際の体内の放射性セシウムの平衡量

年齢 3か月 1歳 5歳 10歳 15歳 成人
体内の放射性
セシウムの総量(Bq)
23 19 30 53 117 143
参考資料:
放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 上巻
放射線の基礎知識と健康影響 平成27年度版
環境省 放射線健康管理担当参事官室
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
参考資料:
ICRP Publ.72:Age-dependent Doses to the Members of the Public from Intake of Radionuclides – Part 5 Compilation of Ingestion and Inhalation Coefficients
放射性核種の摂取による公衆の構成員の年齢依存線量 第5部
経口摂取線量係数と吸入摂取線量係数のとりまとめ

町からのお知らせ

一覧

放射線に関する相談窓口 開設日

車載型ホールボディカウンター 検査日

食品放射性物質の測定 実施日

※日程は変更になることもあります
< 2017 >
12月
11月
11月
11月
11月
11月
1
2
3
4
5
  • 相談

    一日中
    2017.12.05

6
  • 相談

    一日中
    2017.12.06

7
  • 食品

    一日中
    2017.12.07

  • 相談

    一日中
    2017.12.07

8
9
10
11
12
  • 相談

    一日中
    2017.12.12

13
  • 相談

    一日中
    2017.12.13

14
  • 食品

    一日中
    2017.12.14

  • 相談

    一日中
    2017.12.14

15
16
17
18
19
  • 相談

    一日中
    2017.12.19

20
  • WBC

    一日中
    2017.12.20

  • 相談

    一日中
    2017.12.20

21
  • WBC

    一日中
    2017.12.21

  • 食品

    一日中
    2017.12.21

  • 相談

    一日中
    2017.12.21

22
  • WBC

    一日中
    2017.12.22

23
  • WBC

    一日中
    2017.12.23

24
25
26
27
28
29
30
31
1月
1月
1月
1月
1月
1月
将来の空間線量率 かんたん計算

なるほど!放射線・放射能コラム

コラム一覧
項目別モニタリング情報一覧

更新情報

一覧
花と緑のあふれる町 富岡町