食品等の放射性物質検査

動画によるご案内

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の拡散を受け、町内に自生する食品や井戸水などの安全性の確認と、町民の皆様の帰還に向けた判断材料としていただくことを目的として、町独自の検査を実施しています。
検査には、ゲルマニウム半導体を検出器に用いた、ガンマ線に非常に有感な装置を使用しております。

検査申込受付について

※セシウム134及び137の検出下限値は、食品については各10Bq/kg、水については各1 Bq/kgを目標としました。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6人中6人がこのページの情報は役に立ったと言っています。